リアップの効果とその代償の副作用

リアップ

日本で唯一発毛効果が謳えるものとしてリアップがあります。

 

いわば薄毛に悩む人の救世主のようなものですが
その効果の代償として副作用があることがわかっています。

 

一般的にはあまり知られないことですが、
薄毛対策や育毛対策を長く実行されている方などには
知られてきている事実です。

 

この副作用に関してですが、
時に重篤な症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

薄毛対策、育毛対策を行うなら絶対に知っておいた方が
良いことですし、副作用について理解して育毛活動を
行うことをおすすめします。

 

 

リアップの詳細と効果の内容

 

すっかり発毛薬としての認識が定着した感のあるリアップ。

 

配合されている成分や内容、
また効果はどういった作用でもたらされるのでしょうか。

 

ここに育毛剤とは一線を画す部分があります。

 

その一線を画す部分というのはどういう所なのか。
それはリアップという製品は薬であるということです。

 

もう少し詳しくいうと、ミノキシジルという発毛成分が
毛髪を生えさせる効果を生み出しているということです。

 

しかし薬効成分によってもたらされる効果には
反面、副作用も同時にもたらされます。

 

 

市販薬も含めてですが、薬には効果と同時に大小はあるものの
副作用の懸念が存在します。

 

例えば、多くの人が使用する風邪薬であれば眠気、だるさ、
鼻炎薬などは口の渇きなどがそうですね。

 

最近はこの副作用も軽視できないと問題視されています。

リアップ

ウェブで「風邪薬 副作用」検索してみた結果ですが
市販薬の副作用もバカにできないことが分かります。

 

そして薬の効果が強くなればなるほど副作用の懸念も大きくなります。

 

副作用の大きい薬品は医師の処方箋が必要になったり
薬局で購入できるものでも第一類医薬品として
薬剤師を通じてでないと購入できません。

 

リアップはこの第一類医薬品の扱いになっています。
それだけ副作用リスクを伴い使用するものだということです。

 

それはリアップだけに限らず、ミノキシジルの配合された物は
(性質は違いますがフィナステリドなどの発毛成分も同様)
副作用と背中合わせということを理解し使用する必要があります。

 

 

リアップの詳細

 

上記で少し触れていますがリアップの効果はミノキシジルという
発毛成分から得ています。

 

リアップ成分表記

 

ミノキシジルは元来高血圧薬として開発された経緯があります。

 

そのミノキシジルを利用している人の多くに発毛効果が
確認されたことから発毛薬としての転用が図られ、
海外で1980年ころから販売され始めたのが発端です。

 

日本では1999年からミノキシジル濃度1%の塗布薬が
一般医薬品として販売され始めました。

 

2009年ころから濃度5%の製品も出ています。
それがリアップX5です。

 

並行輸入や個人輸入などでロテニンやロゲインといった
高濃度薬も入手可能ですが、安易な使用はおすすめしません。

 

ロテニンはミノキシジルの本来の目的である高血圧薬で
それだけ副作用も大きいです。

 

高濃度薬であるロゲインもやはりそれだけ副作用が大きくなります。

 

重篤な症状を引き起こしかねませんので、素人判断での使用は
安全のためにも避けてください。

 

副作用の症状についてはこちらにご紹介しています。

 

 

リアップの効果

 

リアップの効果はミノキシジルの薬事的効果からもたらされます。

 

具体的効果としてはメーカーのホームページを見ると
「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防」とあり
いわゆるAGAの改善・予防を図るためのものです。

 

AGAはジヒドロテストステロンという、男性ホルモンと
5αリダクターゼ(酵素)が結び付いて生成される物質が作用して
ヘアサイクルが乱れることなどが主な原因とされています。

 

毛髪の成長期が短くなり、成長し切る前に抜けてしまったり
太く育たなくなるなどして薄毛が進行します。

 

ヘアサイクル

 

またいわゆる休止期と言われる、毛根が一時休む期間が長くなり
毛髪が生え辛い環境も増長されたり、

 

毛包と言われる毛髪を育てる役目の元となる部分も小さくなり
髪の毛が生えにくい環境になっていきます。

 

ミノキシジルは、テストステロンと5-αリダクターゼ酵素が結合して
ジヒドロテストステロンが生成されなどAGAの要因を阻害し、
毛包を成長させる発毛を促すといった作用があります。

 

 

 しかしミノキシジルには副作用があります

 

これは薬理的効果として化学的な薬の力でもたらされるものであり
体内環境や頭皮環境が改善された結果AGAが回復されるわけでは
ありません。

 

また薬でAGAの症状を改善しているので、副作用があるだけでなく
薬剤の使用を止めると改善効果も無くなってしまうということがあります。

 

 

また額の生え際などのM字薄毛には効果はないとされています。

 

そこはミノキシジルの効果が発揮できない部位とされており
その理由としては頭頂部と前頭部とは薄毛を引き起こす要因が
若干異なっているからです。

 

つまり改善したい薄毛の部位にも注意が必要ということです。

 

生え際

 

上記のことから、薄毛の改善の効果はあるものの
副作用の心配や使用部位に対する配慮が必要ということもあり
取扱いには注意が必要ということも十分にご理解ください。

 

 

 他に推奨できるものは無いのか?

 

これらのことから、最近はリアップなど発毛薬ではなく、
天然成分を使用した育毛剤に切り替える人も少なくありません。

 

また最新の育毛剤は、天然成分でありながらミノキシジルと
同等効果が認められたり、ミノキシジルでは効果が出ないとされる
額の生え際に特に効果的なものも出ています。

 

 

安全に、副作用を気にしないで使用できる優れた育毛剤が
出て来ていますので、当サイトではそういった育毛剤の使用を
おすすめします。

 

 

 

 副作用を気にせずに使用できる天然成分の育毛剤とは